真珠について

真珠の人工的な生産は古くからおこなわれており、西暦1000年代というかなり昔から中国などで行われていたという記録があります。しかし、まだその技術が確固たるものとなっていなかったため量産することは難しかったのですが、その技術を確立したのが有名な御木本幸吉であります。御木本幸吉は三重県志摩市の神明で養殖アコヤガイを用いて半円真珠の生産に成功し、後に英虞湾に浮かぶ多徳島で真円真珠の生産に成功しました。

その後、様々な技術の改良を経て養殖貝による真珠生産は広まり、英虞湾、宇和海、長崎県対馬などで生産が行われるようになり、またインドネシアなどでシロチョウガイやクロチョウカイといった貝を用い、所謂「南洋真珠」が作られるようになっています。

しかし、1996年頃から始まったウイルス感染症によるアコヤガイの大量斃死現象や真珠摘出後の廃棄貝、および諸々の排水による湾の富栄養化などの要因から日本のアコヤ真珠の生産量は低下してきています。
その真珠について今更ではあるが再度「知る」ことによってその魅力をわかっていただけたらなと考える次第であります。

真珠

真珠養殖の歴史
明治初期。
外国の商人が天然真珠を日本に買い付けに来るようになった。しかしながら、天然真珠は高値で売れたため乱獲により真珠貝は枯渇していった。そのため、真珠貝の保護・養殖の必要性が高まった。

明治20年代。
真珠貝養殖が、欧米の牡蠣の養殖を参考に徐々に成果が現れだした。

明治26年 御木本幸吉が半円真珠(貝付き半球真珠)の挿核実験に成功。

明治31年 半円真珠の量産に成功。

明治40年。
西川籐吉と見瀬辰平との間で真円真珠の発明の優先権を巡って争いが勃発。
このふたりの特許内容が明らかになったこの時期、真円真珠の養殖技術が確立されたといえる。よって真円真珠の発明を成し遂げたのはこの二人だというのが定説である。
見瀬辰平は明治40年3月1日に「介類外套膜組織内ニ真珠費着用核ヲ挿入スル針」の出願をおこい同年7月に認可を得ている(特許12598号)。その明細書の中で
「ソノ目的トスルトコロハ介類ノ外套膜ノ外皮細胞ノ幾分ヲ核ニ付着シテ結締組織内ニ送リ込ムニ適セシムルニ在リ」(核と外套膜の切片を貝の内部に挿入し真珠袋を形成させることによって真珠を造る方法である)という記述が見られ、これは現在知られている方法であることがわかる。

明治42年 西川藤吉没 その研究が御木本幸吉に引き継がれていく。

大正期 真珠養殖はまだ一部の先駆的な人々によって行われていた。

昭和以降、その技術は急速に広まっていく。

真珠の利用で美肌に貢献

真珠は元来、宝飾品として利用されてきました。しかしながら、近年は宝飾品としての真珠の人気が落ちてきてしまい、また中国などから安い真珠が入ってくることもあり、価値がどんどん下がってきたり、海の環境の変化で真珠の歩留まりが悪くなったりであまりお金にならないということで、後継者不足もあり真珠養殖従事者が減ってきてしまっています。宝飾品以外の利用がないかということで、最近ではいろいろなものに真珠が使われるようになってきました。

中国では昔から真珠が長寿の薬として飲まれてきました。 真珠は漢方の薬剤として有名です。薬効について、中国の薬学著作である「本草綱目」では心を鎮め顔色を良くするとあります。近年の研究でコンキオリンを含む真珠カルシュム剤は動脈硬化・高血圧予防やストレスの防止に効果があることがあきらかになっており、また化粧品としても使用されています。

シンジュエン

真珠からできる薬としては、解熱、 鎮静、 滋養、 強壮、 鎮咳作用、不眠、 喉の痛み、 肺結核の治療に用いられ、内服薬、 塗薬、 点眼薬などがつくられています。
真珠に含まれるたんぱく質コンキオリンは、抗酸化作用を持つといわれています。また、コンキオリンは細胞の生まれ変わりを助ける作用も持ちます。コンキオリンは17種類のアミノ酸から生成されており、特にグリシンを多く含み、次いでアラニンを多く含んでいます。この構成は、肌の中心構造であるコラーゲンのアミノ酸組成に類似していることから真珠は活性酸素を除去し、細胞を活性化させ、保湿作用を持つことから、美肌に対して非常に効果的であるといわれます。

そのため、下記のような方に真珠から作られたものが効果的だと言われています。
○美肌を目指したい方
○シミ、そばかすが気になる方
○乳製品を摂取する機会の少ない方
○骨粗しょう症を予防したい方

また食用として真珠の産地でのみ消費されてきたアコヤガイの貝柱がとてもおいしいということで、最近は高値で取引されるようになってきました。以前は浜揚げ作業に来てくれた人に配ったりご近所に配ったりしていましたが、今では1kgで4000円くらいの値で売られるくらいですので、逆に地元のものの口に入らないくらいにまでなってきています。

このように、真珠の新たな利用も開発される中、今後の問題としては、後継者の育成がカギになることでしょう。伊勢志摩でも後継者がいないために廃業する家が後を絶たず、昔は海にびっしりと沖出し用のブイが浮いていたのが、最近はだんだん減ってきています。何か手を打たないと、日本産の真珠がかなり貴重なものになってしまうでしょうね。

真珠の品質

真珠の品質はその種類を問わず、一般的にサイズ、形、マキ、キズ、テリ、色で決まります。
サイズ・・・一般的に大粒の真珠に人気があるようです。しかし、真珠の種類によって標準的なサイズが異なりますので、希少性も考慮して判断するとよいでしょう。和珠(アコヤガイ)であれば10mmとなると大玉で希少価値も上がります。南洋真珠ともなると13mm以上のものほど値打ちが上がります。

形・・・通常はラウンド(まる)が高品質とされていますが、セミラウンド・セミバロック・バロック、ツインなど変形したものもあり、希少性から高く評価されることがあります。中にはその変形したものの形を生かしてアレンジした装飾品を造ることもあります。
巻き・・・核の表面に積み重ねられた真珠層の厚さをマキといいます。一般に養殖期間が長ければ厚くなり、耐久性、弾力性、美しさが増すといわれていますので、当然のごとくまきのいいものほど価値が上がります。
キズ・・・キズとは、真珠の表面の美しさを損なうものです。真珠袋を形成する際に異物が一緒に包まれてしまったりしたものはキズができてしまいます。キズの程度で真珠の価値が左右されます。キズがある部分だけカットしてしまい利用する場合もあります。
テリ・・・テリとは真珠の光沢をいいますが、単なる真珠表面の光の反射だけではなく、真珠内面からの光の作用も関係しています。マキが厚く表面が滑らかなものほど、美しい光沢がでます。
色・・・さまざまな色があり、一概にどの色が高品質であるとはいいきれません。一般的にはきれいなホワイトピンク系の価値があるとされてきました。年齢によっても若い人ほどピンク系を好むといわれますし、年齢が上がるにつれ、ブルー系やイエロー系を好むといわれます。最近ではイエロー系をゴールドと呼ぶようになり、好まれる風潮もあります。黒系の真珠は染めてあるものも存在します。「染め黒」なんて呼び方をします。和珠で黒々としたものは結構染めたものが多いので、天然の黒真珠が惜しい場合は気を付ける必要があります。

色

一番いい珠の事を「華珠」と呼びます。華珠は1年間に生産される真珠の5%位しかできないといわれていますので、品質の優れたものは希少価値が高いので値段もお高くなります。

真珠を見る際は直射日光のもとで見るとよくないといわれます。また蛍光灯の下でもあまりよくありません。一番いいのは、北側の窓に向かって自然光のもとで見ると真珠を見分けやすいといわれます。

真珠養殖の手順

母貝の育成
1.人工採苗 1年目、2~3月
近年では天然母貝が不足になったため、アコヤガイの成体の雌雄を用意し、採精、採卵を行い人工交配ののち人口採苗を行います。
2.稚貝の育成 4~5月、沖出し
孵化した稚貝は、15~25日間ほど水槽の中で浮遊生活を送った後、定着生活にはいります。定着生活にはいる頃、「沖出しカゴ」に入れて9~10月頃に殻長が約10mmになるまで海で育成します。
3.母貝の育成 2年目
沖出しした貝の成長に合わせて大きい網目の「養殖カゴ」に入れかえ、それをイカダからつるして母貝の育成を行います。

母貝の仕立て
「抑制・卵抜き」 2年目、10~11月
核は生殖巣の中に挿入されるため、生殖巣が卵でいっぱいの状態では挿核手術が困難になります。そこで、人為的に貝の生理活動の調整を行ないます。
「抑制・卵止め」とは、母貝をカゴで窮屈な状態で育成し、挿核まで活動を抑えて卵を成熟させない方法です。
「卵抜き」とは、母貝に刺激を与えて産卵させる方法で、5~6月に挿核する母貝にその方法を用います。

「貝立て」 3年目、4~5月
挿核手術の際、開口器で無理矢理に貝殻を開けようとすると、貝の閉じる力が強いために貝殻が割れたり、貝柱が切れたりします。そこで、挿核手術をするとき、貝殻をスムースに開けるために用意しておく作業です。
「貝立て」とは 、挿核の数時間前から貝立用の箱の中に、アコヤ貝を隙間無く立てる作業です。貝殻を開いて呼吸するため、こうして数時間にわたって貝の呼吸を苦しめた状態で、網カゴに入れて海中に吊るします。挿核手術の直前に、数個の貝を箱から抜き取るか、海水を満たした水槽内に貝を解放します。すると、貝は呼吸するために貝殻を開くのです。
「栓さし」
「栓さし」とは、母貝の貝殻を開けたままにしておくため、貝殻にくさび形の木の栓を挟む作業をいいます。

ピース切り
ハサミを使い外套膜を切り取ります。外套膜が真珠層に接している面(表面)を上向きに置き、分泌腺を中心に短冊状に切り出したものを2mm角に切断し、ピースを作ります。

挿核手術(核入れ) 3年目、5~6月
アコヤ貝(雌雄)の生殖巣までピースと核を挿入します。
1. 開口器で貝殻を少し開き、固定します。
2. 生殖巣が確認できるまでヘラで鰓(えら)をよけます。
3. メスで収足筋の付け根の生殖巣の表面を少し切開します。
4. 切開口から生殖巣にピースと核が入る導入路をつくります。
5. ピース針でピースを挿入し、続いて核挿入器で核を移植します。

挿核手術

手術貝の養生・沖出し・管理
「養 生」 3年目、6月
挿核手術を行った母貝(手術貝)が、体力を回復するまでの間、養生します。
10~20日の養生期間、手術貝をゆったりと「養生カゴ」に入れて、穏やかな海で安静に保ちます。
「沖出し」 3年目、7月
手術後、養生して体力が回復したアコヤ貝が体内で真珠を育てるため、沖合の「真珠イカダ」に吊るします。
「管 理」 通年
アコヤガイを養殖期間中、貝の掃除・養殖カゴの入れ替えなどの管理を、繰り返して行います。冬に水温が下がりすぎる地域では避寒といって暖かい漁場へ貝を移動します。

浜揚げ 真珠の収穫 採苗から4年目の11~1月
「採集」とか「貝剥き」などと呼ばれます。
ナイフで貝柱を切って貝殻を開き、貝の身を剥きます。それから真珠を取り出します。
沖出し

真珠養殖の原理

貝という動物は自分で貝殻を作る機能をもっています。成長に合わせて自ら貝殻成分を分泌し、貝殻をどんどん大きくしていきます。その貝殻成分は貝の体の一部である外套膜という部分で作られます。外套膜には貝殻の外側の貝殻黒い成分を分泌する部分との内側のキラキラした成分を分泌する部分があります。

このキラキラした成分が真珠成分であり、これを使用し真珠を作り上げるのです。
養殖真珠形成の原理は、その外套膜の真珠成分を分泌する部分を切り取って2mm四方の大きさにカットし、その一片(ピース)を「核」といわれる貝殻を削って球形にしたものと一緒に貝の中(生殖腺の中)に入れます。

この時、核とピースの真珠成分分泌面が密着するようにして入れます。しばらくするとピースは成長を始めて大きくなり、真珠袋と呼ばれる膜を形成します。この真珠袋が核を包み、体内からもらった養分で生き続け、核の周りに何層にも真珠成分を分泌し、真珠層を積み重ねて真珠ができあがります。

そのピースと核を入れる作業の事を「挿核手術」と呼んでいます。この手術が腕次第で、真珠の出来が大きく変わります。挿核は大きな核を1つ入れたり、時には小さい核を5個入れたりする方法までいろいろな方法があります。

現在は核がなくても真珠を作り上げることができますが、一般的には球形の核を入れます。また、マベ真珠は貝内側の壁に半円状の核を張りつけて半形の真珠を作り出します。核を入れる目的は、真珠の形や大きさをコントロールするためといえます。

真珠の原理

真珠を作る貝

貝殻をもつ貝であれば基本的に真珠を作ることができます。ただあのきれいない光沢を出すことができるものは限られています。現在真珠を生産されるのに用いられる買いは下記のものがあります。

① アコヤガイ
言わずと知れた日本の真珠養殖において最も使用されている貝です。外側は黒っぽい色だが、内側に美しい真珠光沢をもっています。これを利用して白色~ピンク、ゴールドといった真珠を作ることができます。

② シロチョウガイ
アコヤガイよりもかなり大きな貝で主にオーストラリアやインドネシアといった国での真珠養殖に用いられます。貝が大きいだけに出来上がる真珠も大粒なものができます。

③ クロチョウガイ
黒色系の所謂「黒真珠」を作るのに用いられる貝です。沖縄タヒチといったところでの真珠養殖で用いられています。

④ マベガイ
真珠光沢が極めて美しいと言われる貝で現在では、日本をはじめインドネシア、オーストラリアなどでの真珠養殖に用いられています。

⑤ ヒレイケチョウガイ
中国などで「淡水真珠」を生産するのに用いられる貝です。淡水というだけあって、これは湖などで養殖される貝です。

貝

先にも述べたように、写真を見ていただけるとわかりますが、すべての貝の内側には真珠層と呼ばれる光沢のある部分が見られます。これが真珠になるのです。ですからアワビなどの貝は2枚貝ではありませんが内側がきれいな光沢のある貝殻ですので、やりようによっては真珠を作ることができると言われています。

気軽に婚活を楽しめるサイトやアプリが充実していて、最高ですね!

結婚しなければ、と焦って身近にいる人を捕まえて結婚したものの、今考えたらもっとじっくり考えてもよかったんじゃないかなって思います。一応、恋愛結婚という体裁ではあるけれど、少ない選択肢の中から消去法で見つけたような夫です。共働きなのに家事、育児は全部妻の仕事、働いているストレスだといって一人で旅行三昧。もっときちんと人間性を見ることができたら、決してこの人と結婚はしなかっただろうな、と今では思います。

それに比べたら、今はいろいろな婚活サイトやアプリが充実していますよね。こういったマッチングサイトが多いことを考えると、今、出会いがない人って本当に恵まれていますよ。マイナビ婚活というサイトを覗いてみたのですが、思っていたよりもずっとしっかりしていて驚きました。

参加者は働いている社会人のみ、身分証の提示というのは安心できるし、婚活パーティーも充実していて、高級感あふれるものから趣味のものまで色々ありますよね。結婚した今、こういったパーティーに参加できない事を残念に思うほどです。独身の人は、今は気軽に婚活ができるんですから、本当に羨ましい。婚活を楽しんで、パーティーでじっくり素敵な人を見つけてほしいですね、